コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大草慧実 おおくさ えじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大草慧実 おおくさ-えじつ

1858-1912 明治時代の僧。
安政5年生まれ。真宗大谷派。東本願寺教校にまなぶ。富山県井波別院輪番をへて,明治27年東京浅草別院輪番となった。出獄者のための保護施設,労働者のための無料宿泊所の設置などにつくした。明治45年1月30日死去。55歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大草慧実の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android