コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大西酔月 おおにし すいげつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大西酔月 おおにし-すいげつ

?-? 江戸時代中期の画家。
望月玉蟾(ぎょくせん)にまなび,山水・人物画を得意とした。明和5年(1768)版の「平安人物志」画家部の筆頭にあげられているが,作品はほとんどのこっていない。松村月渓の最初の師といわれる。京都出身。字(あざな)は希蟾(きせん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大西酔月

生年:生没年不詳
江戸中期の画家。字は希蟾。京都の人。望月玉蟾の弟子。元・明画を学ぶ。当時の京都では最も著名な画家で,呉春一時期,その門に学んだ。現在では忘れられた画家。安永4(1775)年版『平安人物志』には記載がなく,そのころすでに没していたか。

(武田光一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大西酔月の関連キーワード松村呉春淵上旭江村上東洲岡延年生年

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android