筆頭(読み)ヒットウ

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐とう【筆頭】

筆の先。また、文章の書き出し。
名前を書き連ねたときの第一番の位置。また、その人。「筆頭株主」「前頭筆頭
ある範疇(はんちゅう)の中で第一番に挙げられるもの。最も主だったもの。「輸出品の筆頭

ふで‐がしら【筆頭】

筆の穂先。ふでさき。
列記した人名中の1番目。ひっとう。
「いいやよ、―だといふ事よ」〈洒・二筋道
筆親(ふでおや)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっとう【筆頭】

名前を書き連ねたうちの第一位。書き出し。 「前頭-」 「 -書記」 「 -株主」
筆の先。転じて、文章。 「惣じて、さび・位・細み・しほりの事は、言語-にいひおほせがたし/去来抄」

ふでがしら【筆頭】

〔「ふでかしら」とも〕
筆の穂先。
名前を列記する時の第一番の人。頭立った人。ひっとう。 「いいやよ、-だといふ事よ/洒落本・傾城買二筋道」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆頭の関連情報