コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大覚寺障壁画 だいかくじしょうへきが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大覚寺障壁画
だいかくじしょうへきが

大覚寺の宸殿と正寝殿に描かれた障壁画。狩野山楽とその一派による襖絵が著名。金碧の『牡丹図』や『紅梅図』のある宸殿は,元和5 (1619) 年東福門院入内の際の建物をのちに移建したとする説が有力。正寝殿では『山水図』や『松鷹図』などの水墨障壁画が,山楽筆と認められる。なお江戸時代の作としては,渡辺始興の手に成る正寝殿の杉戸絵の『耕作図』や,障子腰板絵の『兎図』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大覚寺障壁画の関連情報