コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野山楽 かのう さんらく

9件 の用語解説(狩野山楽の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

狩野山楽

江戸前期の狩野派の画家。近江蒲生郡生。豊臣秀吉の近侍木村永光の子。姓は木村、名は光頼。狩野永徳に学び養子となる。二代将軍徳川秀忠の用命を受けて画壇の重鎮として活躍した。筆法は強く装飾的で人物・鳥獣の動的表現に秀でる。寛永12年(1672)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かのう‐さんらく【狩野山楽】

[1559~1635]安土桃山時代から江戸初期にかけての画家。近江(おうみ)の人。名は光頼。豊臣秀吉に画才を認められ、狩野永徳に学んで、豊臣・徳川家関係の障壁画を数多く描いた。画風は桃山障壁画様式の豪壮さに装飾性を加えたもの。京にとどまり、京狩野派の祖となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

狩野山楽【かのうさんらく】

桃山時代の画家。浅井家の家臣木村長光の子で,名は光頼。豊臣秀吉に仕え,画才を認められて狩野永徳の弟子となり,師を助けて活躍,狩野姓を許される。永徳没後,狩野派の重鎮として秀頼に仕えた。
→関連項目狩野山雪瀟湘八景

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野山楽 かのう-さんらく

1559-1635 織豊-江戸時代前期の画家。
永禄(えいろく)2年生まれ。狩野永徳に入門。急病の師にかわり東福寺法堂の天井画「蟠竜図」を完成した。のち大坂城など豊臣家関連の障壁画制作に参加。豊臣家滅亡で江戸幕府に追われたが,のちゆるされ,幕府関連の制作事業にたずさわった。京狩野家の祖。寛永12年8月19日死去。77歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は木村。名は光頼。通称は修理亮。作品に大覚寺宸殿襖絵,「鷙鳥(しちょう)図屏風」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野山楽

没年:寛永12.8.19(1635.9.30)
生年:永禄2(1559)
桃山・江戸初期の画家。父の名は木村永光といい,はじめ浅井長政に仕え,のちに豊臣秀吉の近侍となった。山楽はその関係で秀吉の小姓となったが,画才を認められて,秀吉の推挙で狩野永徳の弟子となった。やがてその天分と人柄は師の認めるところとなり,永徳の養子となり,狩野氏を許された。天正16(1588)年秀吉の命によって永徳は東福寺法堂の天井画修復に当たったが,途中病にたおれ,山楽がこれを完成した。この巨大な「蟠竜図天井画」は一躍山楽の画名を高めたが,明治14(1881)年に焼失して今はない。この天井画の制作の2年後,永徳が亡くなり,当時32歳であった山楽は,名実ともに師の最もよき後継者として狩野派をひきいていく。秀吉に重用され,大坂と京都を往き来して活躍,文禄3(1594)年秀吉が築いた伏見城の障壁画を制作し,慶長2(1597)年木幡山に再建された伏見城の障壁画制作にも当たったと伝えられる。同5年秀吉が復興した大坂四天王寺に「聖徳太子絵伝壁画」を描き,また同9年豊臣秀頼が造った大坂城の千畳敷大広間の障壁画制作にも参加した。このように豊臣家に仕えた二十数年の間は,京都・大坂の寺院城郭を舞台に華々しく活躍した山楽の最盛期であった。 元和1(1615)年豊臣家が滅亡,大坂城落城とともに大坂を脱出した山楽は,京都に近い男山八幡宮の社僧松花堂昭乗のもとに身を隠した。山楽の絵の弟子であった昭乗は,徳川幕府に山楽が豊臣家の武人ではなく,絵師であったことを強調して恩赦を嘆願,やがて昭乗の尽力が実り,幕府に許されて,京都に帰ることができた。京都に定住した晩年の20年は,幕府,特に2代将軍徳川秀忠の用命を受け,画壇の重鎮としての制作活動を続けた。その子孫は以後代々皆京都に住んだので,山楽の系統は探幽系の江戸狩野に対して京狩野と呼ばれている。元和4年秀忠の命で,秀忠の再興した大坂住吉社の神宮寺の東西両塔の壁画を制作した。また同9年やはり秀忠が兵火で焼失した大坂四天王寺を復興して,その「聖徳太子絵伝壁画」の制作を再び山楽に命じた。また3代将軍徳川家光が再建した大坂城本丸の障壁画を狩野探幽,尚信らと共に制作した。山楽は永徳の力強い有機的構図を受け継ぎながら,温和な情趣を導き入れ,写実性と装飾性を合わせ持った堂々たる後期桃山様式を完成させた。代表作に大覚寺宸殿・正寝殿の「牡丹図」「松鷹図」などの障壁画,「車争図屏風」(東京国立博物館蔵),「鷙鳥図屏風」(西村家蔵),京都正伝寺障壁画,狩野山雪との共同制作とされる妙心寺天球院障壁画(1631頃)などがある。長男光教も画家であったが早世し,娘婿の山雪が後を継いだ。77歳で没し,京都の泉涌寺に葬られた。<参考文献>川本桂子『新編名宝日本の美術21/友松・山楽』,土居次義『日本美術絵画全集12/狩野山楽・山雪』

(河野元昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かのうさんらく【狩野山楽】

1559‐1635(永禄2‐寛永12)
桃山時代の画家。浅井長政の家臣木村長光の子として近江国に生まれる。のちに豊臣秀吉に仕え,その推挙で狩野永徳の弟子となる。師の没後,狩野派の中心的存在として活躍した。1588年(天正16)永徳が東福寺法堂の天井画《蟠竜図》(1881年焼失)制作中に病に倒れると,その後を引き継いで大作を完成させたというエピソードは,永徳画風の正統な継承者としての山楽の位置を示している。豊臣家との関係が深く,伏見城障壁画(1594)の制作にあたってはもっとも活躍したと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かのうさんらく【狩野山楽】

1559~1635) 安土桃山後期・江戸初期の画家。近江国の生まれ。小姓として豊臣秀吉に仕えたが、画才を認められ、狩野永徳の門に入り狩野姓を許される。徳川幕府に仕えず、京都にとどまり社寺の障壁画を描いて京狩野家の祖となる。代表作「帝鑑図屛風」「牡丹図」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩野山楽
かのうさんらく

[生]永禄2(1559).近江
[没]寛永12(1635).8.19.
桃山時代~江戸時代初期の京狩野の画家。浅井長政,豊臣秀吉に仕えた木村永光の子。幼名を平三,のち光頼。修理亮と称する。山楽は号。秀吉の小姓の頃,秀吉に画才を認められて狩野永徳の門に入り,狩野姓を許された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狩野山楽
かのうさんらく
(1559―1635)

桃山後期から江戸初期を代表する画家。浅井長政(あさいながまさ)の家臣で、自らも画(え)をよくした木村永光(ながみつ)の子として、近江国(おうみのくに)(滋賀県)に生まれる。幼名を平三、のちに光頼(みつより)。浅井家の滅亡とともに父永光が豊臣秀吉(とよとみひでよし)に仕えるや彼も秀吉の小姓となり、その側近に侍した。のち秀吉の計らいで狩野永徳の門に入り、狩野姓を授けられ、修理亮(しゅりのすけ)と称す。1588年(天正16)秀吉の命によって、病に倒れた師永徳にかわって東福寺法堂(はっとう)の天井画『蟠竜図(ばんりゅうず)』を完成、一時に画名を高める。師没後の1594年(文禄3)伏見城(ふしみじょう)の障壁画(しょうへきが)を制作、ついで1600年(慶長5)秀吉再建の四天王寺に『聖徳太子絵伝』を描く。1615年、それまでとりわけ恩顧を被った豊臣家の滅亡は山楽に一大転機をもたらし、一時期徳川方の詮索(せんさく)を逃れて男山八幡宮(おとこやまはちまんぐう)の松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)のもとに身を隠したが、やがて許され、1619年(元和5)徳川秀忠(とくがわひでただ)の息女東福門院の入内(じゅだい)にあたり造営された宸殿(しんでん)の襖絵(ふすまえ)を制作、ついで秀忠によって再度復興された四天王寺絵堂に『聖徳太子絵伝』を描いた。大坂城本丸御殿(1624)や二条城行幸殿(1626)などの障壁画制作には、探幽をはじめとする江戸の狩野派画人とともに参加し、さらに1631年(寛永8)の妙心寺天球院客殿障壁画も一部彼の手にかかるとみられ、最晩年に至るまで旺盛(おうせい)な制作活動に従った。彼の絵は、師永徳の豪壮な画風を受け継ぎながら、さらにいっそうの写実性と装飾性を深めたもので、この二つの傾向の微妙な調和のうちに成立している。その潤いある穏やかで豊かな画面は、桃山芸術最後の精華といっても過言でない。ほかに、大覚寺宸殿(しんでん)・正宸殿襖絵、『鷙鳥図屏風(しちょうずびょうぶ)』『車争図屏風』(東京国立博物館)、『南蛮図屏風』(東京・サントリー美術館)などがある。
 山楽の画系はこの後も京都の地にあって、山雪、永納(えいのう)と受け継がれ、独自の画風を保持したため、江戸に下った探幽を筆頭とする江戸狩野派に対し、京狩野派とよばれ、幕末まで活躍した。[榊原 悟]
『土居次義著『日本美術絵画全集12 狩野山楽・山雪』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狩野山楽の言及

【安土桃山時代美術】より

…それはまたこの時代の障壁画に共通する傾向でもあった。 長谷川等伯,狩野光信のほか狩野山楽,海北友松らの活躍も加わって,慶長年間(1596‐1615)の障壁画制作は多彩をきわめた。なかでも山楽の大覚寺襖絵,友松の建仁寺襖絵などは永徳の豪放な画風がこれらの画家に引きつがれてさらに新しい発展をとげたことを示している。…

【狩野派】より

…室町中期から明治初期まで続いた,日本画の最も代表的な流派。15世紀中ごろに室町幕府の御用絵師的な地位についた狩野正信を始祖とする。正信は俗人の専門画家でやまと絵と漢画の両方を手がけ,とくに漢画において時流に即してその内容を平明なものにした。流派としての基礎を築いたのは正信の子の元信である。漢画の表現力にやまと絵の彩色を加えた明快で装飾的な画面は,当時の好みを反映させたものであり,また工房を組織しての共同制作は数多い障壁画制作にかなうものであった。…

※「狩野山楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狩野山楽の関連キーワード木村了琢半井古仙宝林牧興相木村黙斎伯庵木村玉英木村永光木村養元土佐一得

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狩野山楽の関連情報