コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大観楼公園 だいかんろうこうえん

1件 の用語解説(大観楼公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

だいかんろうこうえん【大観楼公園】

中国の雲南省の省都、昆明(こんめい)(クンミン)市内から6km西南にある、面積約0.5haの庭園式公園。園内の木造3階建ての城楼は1690年に創建されたが、火事で焼失し、1866年に再建された。大観楼(見晴らし台)からは、池の全景や西山(シーシャン)も一望できる。城楼内部には歴史的文人墨客の題字が多く残されており、清時代に孫髯翁(そんぜんおう)が詠んだ180文字の長聯(ちょうれん)(家の門などに飾る細長い紙に文字を書いたもの)は、「天下第一長聯」と称えられている。公園はその地形によって、近華浦と大観楼片、楼外楼と魯園片、庚園と花圃の3つに区切られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大観楼公園の関連キーワード奉天昆明昆明湖昆明池昆明池の障子省都建茗メコン地域雲南[省]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone