西山(読み)にしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西山
にしやま

新潟県中西部,日本海に臨む柏崎市北部の旧町域。 1959年朝日町と二田村が合体して西山町が成立。 2005年柏崎市に編入。かつては西山油田中心地であったが,現在は刈羽米の産地。天智天皇に燃える水を献上したと伝えられる妙法寺がある。

西山
にしやま

老ノ坂山地ともいう。京都府南部,京都盆地の北西を限り,南北に連なる山地。東に断層崖を見せる中・古生層山系主峰はポンポン山 (679m) 。山城丹波の国境をなす。広くは,山地のほかその山麓丘陵や台地も含まれ,向日 (むこう) 市大原野台地や長岡京市の長岡丘陵は,たけのこの特産地。近年は宅地化が進んでいる。

西山
にしやま

京都市右京区御室 (おむろ) の北方にある丘陵。桜の名所として知られる仁和寺は,この西山を背景としている。山麓は閑静な住宅地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいざん【西山 Xī shān】

(1)中国,北京市の西郊に連なる群山の総称。軍都山脈の支派が東南に延びたもの。香山,玉泉山,妙峰山,翠微山,盧師山,潭柘(たんしや)山などの名山があり,山中には仏寺,道観が多く,林泉の美に恵まれた北京近郊第一の名勝地である。(2)中国,雲南省昆明市の南西,滇池(てんち)の西岸にそびえる名山。碧鶏山,睡仏山ともいう。南側の断崖を除けば,全山が森林におおわれ,山中には太華寺,華亭寺などが散在する。【日比野 丈夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしやま【西山】

新潟県柏崎市、日本海側にある、もと油田の町。大正初期の全盛期には全国の約半分近くを産出した。
山梨県南西部、南巨摩みなみこま郡早川町内の地区。西山温泉があり、赤石山脈への登山基地。
京都市の西に連なる山々。京都盆地の西の境をなす。愛宕あたご山・ポンポン山・釈迦岳・天王山などを含む。また、その山麓さんろく一帯をいう。 → 東山

にしやま【西山】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕西山(にしやま)


伊豆(いず)諸島の八丈(はちじょう)島北西部にそびえる成層火山。標高854mは伊豆諸島の最高峰。八丈富士とも。山を含め全島が富士箱根伊豆(ふじはこねいず)国立公園に属す。15世紀末から噴火記録があり、最後は1605~06年(慶長(けいちょう)10~11)に噴火。中腹まで自動車道路が通じる。山頂には浅間(せんげん)神社がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西山の言及

【滇池】より

…流入河川は20余,流出河川は海口河1本で,いずれも落差が大きく水力発電がさかんである。北岸には清代の大観楼があり,西岸の西山には元代の三清閣,太華寺などの建築群がある。【駒井 正一】。…

※「西山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西山の関連情報