大警視(読み)だいけいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大警視
だいけいし

旧東京警視庁および警視局におかれた官職。 1874年1月 15日旧東京警視庁創設とともに,警視長のもとで,小警視,警部巡査を総摂し,警視長長期不在のときは,その事務を代理することをとして設けられた。同年 10月 15日警視長が廃されると,本庁を統括する首位の官職となった。初代大警視は川路利良。 77年1月 11日旧東京警視庁が廃庁となり,新たに警視局が設置されたのちも,同局長の職制として置されたが,81年1月 14日警視庁が設けられるに及んで警視総監 (→警察本部長 ) と改称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android