大谷 紝子(読み)オオタニ キヌコ

20世紀日本人名事典「大谷 紝子」の解説

大谷 紝子
オオタニ キヌコ

大正・昭和期の女性 真宗本願寺派大裏方。



生年
明治26(1893)年5月15日

没年
昭和49(1974)年4月1日

出生地
東京・赤坂福吉町

旧姓(旧名)
九条

学歴〔年〕
華族女学校〔明治43年〕

経歴
公爵九条通孝の五女。明治43年大谷光明と結婚、西本願寺仏教婦人総連盟総裁。京都女子大学、相愛女子短期大学、武蔵野女子短期大学の各名誉学長。千代田女学園の名誉校長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「大谷 紝子」の解説

大谷 紝子 (おおたに きぬこ)

生年月日:1893年5月15日
大正時代;昭和時代の教育者。浄土真宗本願寺派大裏方;西本願寺仏教婦人総連盟総裁
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android