京都女子大学(読み)きょうとじょしだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

京都女子大学
きょうとじょしだいがく

私立女子大学。仏教系。 1910年創設の京都高等女学校を起源とし,1920年京都女子高等専門学校となり,1949年新制の大学として開学,文学部,家政学部の2学部を置いた。 2000年現代社会学部,2004年発達教育学部を増設。入学定員は 1110人 (2007) 。 1966年大学院を設置。短期大学部を併設所在地京都府京都市

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうと‐じょしだいがく〔キヤウトヂヨシダイガク〕【京都女子大学】

京都市東山区にある私立大学。明治43年(1910)設立の京都高等女学校に始まる。大正9年(1920)設立の京都女子高等専門学校を母体に、昭和24年(1949)新制大学として発足

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京都女子大学
きょうとじょしだいがく

私立。1899年(明治32)甲斐和里子(かいわりこ)(旧姓足利(あしかが)。1868―1962)が松田甚左衛門(じんざえもん)の助力を得て設立した、仏教精神に基づく女子教育を実践するための私塾「顕道(けんどう)女学院」が源流。前身は1920年(大正9)に開学した京都女子高等専門学校で、1944年(昭和19)京都女子専門学校と改称、第二次世界大戦後の学制改革により1949年(昭和24)に京都女子大学が開学した。1950年には短期大学部、1966年には大学院を設置。建学の精神は「親鸞聖人(しんらんしょうにん)の体せられた仏教精神にもとづく人間教育」とし、女性の地位向上と教育に力を入れている。2010年(平成22)時点で、文学部、発達教育学部、家政学部、現代社会学部の4学部と、文学研究科、発達教育学研究科、家政学研究科、現代社会研究科の4研究科からなる大学院のほか、短期大学部が置かれている。所在地は京都市東山区今熊野北日吉町(いまぐまのきたひよしちょう)35。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都女子大学の関連情報