コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷晃一 おおたに こういち

知恵蔵miniの解説

大谷晃一

作家。1923年、大阪府生まれ。関西学院大卒業後、京都新聞社を経て朝日新聞大阪本社に入社。同社を定年退職後は帝塚山学院大学の教授となり、97年から2001年まで学長を務めた。40代で執筆活動を始め、1971年に『続 関西名作の風土』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。織田作之助梶井基次郎など作家の評伝も多数手がけ、89年に大阪芸術賞を受賞した。大学での講義をもとに執筆した『大阪学』シリーズでは、大阪の文化や風俗をユニークな視点で分析し、人気を集めた。2014年5月25日、老衰のため死去。享年90。

(2014-5-27)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷晃一 おおたに-こういち

1923-2014 昭和後期-平成時代の文芸評論家,作家。
大正12年11月25日生まれ。朝日新聞編集委員をへて,帝塚山学院大教授。平成9年同大学長。「続関西名作の風土」で昭和46年日本エッセイスト・クラブ賞。織田作之助ら作家の評伝で知られた。平成26年5月25日死去。90歳。大阪府出身。関西学院大卒。著作に「評伝 梶井基次郎」「大阪文学散歩」「大阪学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大谷晃一の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正キネマ旬報

大谷晃一の関連情報