評伝(読み)ひょうでん

精選版 日本国語大辞典「評伝」の解説

ひょう‐でん ヒャウ‥【評伝】

〘名〙 その人についての批評をまじえながら書かれた伝記
※馬骨人言を難ず(1901)〈登張竹風〉「この憤激の念は、余を駆て詳細なるニイチェの評伝と、『ザラトフストラ』の翻訳とに従事せしめたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android