コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大道臼 だいどううす

大辞林 第三版の解説

だいどううす【大道臼】

〔もと米搗きが、依頼された家の近くの路上で米を搗いたことから〕
大きな臼。また、大柄なからだのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報