大釜(読み)おおがま

精選版 日本国語大辞典「大釜」の解説

おお‐がま おほ‥【大釜】

〘名〙 (「おおかま」とも)
① 大型の
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「郭巨(くっきょ)が堀出し金の大釜(カマ)あれにて食(めし)(たか)れまじ」
② 年をとった男娼
※雑俳・川傍柳(1780‐83)一「大釜は後ろの家へよく売れる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大釜の言及

【甌穴】より

…河床や海岸で,硬い岩石の露出している場合に岩盤の表面に生じるほぼ円形の穴。かめ穴,大釜,ポットホールともいう。穴の大きさや深さは大小さまざまで,数cmから数mに及ぶものまである。…

※「大釜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android