コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大錦 おおにしき

世界大百科事典内の大錦の言及

【浮世絵】より

…同年におこった絵暦交換会の流行が直接の契機となったもので,錦繡の華麗になぞらえて〈錦絵〉の美称がつけられた。当初は中判(約29cm×22cm)を標準サイズとしたが,天明年間(1781‐89)以降は大判(大錦,約39cm×26~27cm)が一般となった。何度摺もの摺圧に耐えられるように,用紙も従来の美濃紙などから厚手の奉書紙に代えられ,空摺やきめ出しなど色をつけずに紙に凹凸をつける技法も活用された。…

※「大錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大錦の関連キーワード木村庄之助(17代)常陸山 谷右衛門大阪の郷土力士常陸山谷右衛門富嶽三十六景小野毛人墓誌11月25日西ノ海嘉治郎阿曇比羅夫栃木山守也3月22日阿倍比羅夫佐伯子麻呂宮城山福松さがほのか阿曇比邏夫中臣国足小野毛人崇道神社三宅石床

大錦の関連情報