大阿羅漢(読み)ダイアラカン

デジタル大辞泉の解説

だい‐あらかん【大×阿羅漢】

阿羅漢の中で最もすぐれた者。また、阿羅漢の尊称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいあらかん【大阿羅漢】

〘仏〙 阿羅漢の中で最も優れた者。また、阿羅漢を敬っていう称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐あらかん【大阿羅漢】

〘名〙 仏語。阿羅漢のうち、最もすぐれたもの。また、阿羅漢を尊敬していう語。
※往生大要抄(1212頃)「声聞乗といは、はじめ不浄数息を観ずるより、をはり四諦の観にいたるまで、ときは三生、をそきは六十劫に、四向三果のくらゐをへて、大阿羅漢の極位にいたる也」 〔阿彌陀経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android