大風吹けば古家のたたり(読み)おおかぜふけばふるやのたたり

  • おおかぜ
  • 吹(ふ)けば古家(ふるや)のたたり
  • 大風

精選版 日本国語大辞典の解説

大風が吹くと、いたんだ箇所の多い古い家には打撃である。弱点の多いものは、何もない時はよいが、いったん事があるとぼろが出るの意。
※虎明本狂言・居杭(室町末‐近世初)「大風ふけばふる家のたたり、大水出ればつつみのよはり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android