コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天つ印/天つ表 アマツシルシ

デジタル大辞泉の解説

あま‐つ‐しるし【天つ印/天つ表】

天上界にある、越えてはならない境界線。天の川のこと。
「ひさかたの―と水無(みなし)川へだてておきし神代し恨めし」〈・二〇〇七〉
(「天つ璽」と書く)天つ神の子であることを示す品。皇位のしるし。
「長髄彦(ながすねひこ)、その―を見て、ますますおそれかしこまることを」〈神武紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android