コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天つ印/天つ表 アマツシルシ

デジタル大辞泉の解説

あま‐つ‐しるし【天つ印/天つ表】

天上界にある、越えてはならない境界線。天の川のこと。
「ひさかたの―と水無(みなし)川へだてておきし神代し恨めし」〈・二〇〇七〉
(「天つ璽」と書く)天つ神の子であることを示す品。皇位のしるし。
「長髄彦(ながすねひこ)、その―を見て、ますますおそれかしこまることを」〈神武紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android