コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長髄彦 ながすねひこ

7件 の用語解説(長髄彦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長髄彦
ながすねひこ

古事記『日本書紀』に登場する大和地方の族長。『古事記』には登美能那賀須泥毘古 (とみのながすねびこ) と記される。神武天皇の東征に抵抗し,大いに悩ましたが,天皇の弓に止った金色のとびに目を射られて敗退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ながすね‐ひこ【長髄彦】

日本神話上の人物。神武天皇の東征のとき、反抗した大和国鳥見(とみ)の土豪。金色の鵄(とび)が神武天皇の弓にとまり、その光で目がくらみ、饒速日命(にぎはやひのみこと)に討たれたという。登美能那賀須泥毘古(とみのながすねびこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長髄彦 ながすねひこ

記・紀にみえる豪族。
大和(奈良県)登美(とみ)の族長。生駒(いこま)山をこえて東征をめざす神武天皇の軍と孔舎衛(くさえ)坂でたたかい,天皇の兄五瀬命(いつせのみこと)を戦死させる。金鵄(きんし)の助けをえた天皇軍に敗れ,妹の三炊屋媛(みかしきやひめ)の夫饒速日命(にぎはやひのみこと)に殺された。「古事記」では登美能那賀須泥毘古(とみのながすねびこ),登美毘古

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長髄彦

神武天皇の東征に対抗した大和の土豪。『古事記』では登美能那賀須泥毘古と記され,妹の三炊屋媛(別名ナガスネビメ,トミヤビメ)は,物部氏の祖神饒速日命(ニギハヤヒノミコト)の妻であった。神武が生駒山を越えて大和に入ろうとしたとき,これと戦い,神武の兄五瀬命(イツセノミコト)に重傷を負わせた。神武の軍は紀伊に迂回したが,イツセはそこで戦死する。ナガスネヒコは大和に進攻する神武の軍に抵抗するが,黄金の鵄が飛来して神武軍を助けた。ナガスネヒコはニギハヤヒに忠誠を尽くそうとするが,ニギハヤヒは神武天皇に帰順し,配下のナガスネヒコを殺してしまう。神武伝説中の最大の仇役として後世にその名を残した。

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながすねひこ【長髄彦】

記紀の神武天皇の条に天皇の大和平定に反抗したと伝えられる土豪。登美毘古(とみびこ)あるいは登美の長髄彦ともいう。長髄彦は妹を天津神(あまつかみ)の子饒速日(にぎはやひ)命の妻としており,みずからもニギハヤヒを主君としていたため,神武の東征を侵略と考えて,神武の兄五瀬(いつせ)命を戦死させるなど強く抵抗していたが,結局はニギハヤヒがナガスネヒコを殺して神武の軍門に降ったという。ナガスネヒコの名は〈七束脛(ななつかはぎ)〉〈八束脛(やつかはぎ)〉と同じく王化にしたがわぬ土をいやしめた名称であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながすねひこ【長髄彦】

記紀で、大和国鳥見とみにいたという土豪。饒速日命にぎはやひのみことが天から降ったとき妹を捧げて仕えたが、のち神武天皇の東征のときに抵抗して饒速日命に討たれた。登美能那賀須泥毘古とみのながすねびこ。登美毘古とみびこ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長髄彦
ながすねひこ

神武(じんむ)天皇の東征の際、大和(やまと)を拠点としてこれに反抗した土豪。『古事記』では登美能那賀須泥毘古(とみのながすねびこ)、また登美毘古(とみびこ)という。「とみ」は奈良市富雄(とみお)周辺の地のことで、この地より斑鳩(いかるが)を経て大和川に入る富雄川は、『上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ)』で止美能乎何波(とみのおがわ)と歌われ、いまも阪奈道路の通る生駒(いこま)越えの要衝となっている。
 また『日本書紀』に「長髄は是邑(これむら)の本(もと)の号(な)」とあるが、七掬脛(ななつかはぎ)(景行(けいこう)紀)、八掬脛(やつかはぎ)(孝徳(こうとく)紀)と同様に、身体的特長を強調した命名であり、初代天皇神武の大和入りに際しては、孔舎衛坂(くさえざか)(東大阪市日下(くさか)町)でこれを遮り、五瀬命(いつせのみこと)を戦死させ、さらに熊野(くまの)への迂回(うかい)を余儀なくさせたという。妹の三炊屋姫(みかしきやひめ)(長髄姫、鳥見屋(とみや)姫ともいう)を物部氏(もののべし)の祖の饒速日命(にぎはやひのみこと)の妻とし、命を君と奉じて戦ったが、金鵄(きんし)の援助を得た神武天皇の軍に敗れ、皇軍への帰順を決意した饒速日命に殺されたと語られている。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長髄彦の関連キーワード神武天皇八咫烏神武神武天皇祭神武東征伝説神武天皇の東征天種子命天日別命伊勢津彦可美真手命

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone