コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下分目の戦 テンカワケメノタタカイ

1件 の用語解説(天下分目の戦の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

天下分目の戦

一六〇〇年九月一五日、美濃国不破郡の関ケ原盆地において、徳川家康(一五四二~一六一六)指揮する東軍一〇万が、石田三成(一五六〇~一六〇〇)率いる西軍八万を打ち破り、徳川の覇権を確立した戦(関ケ原の戦)。互いに自らを秀吉の意を汲む正統派、敵軍を反逆者として位置付けた戦であった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天下分目の戦の関連キーワードガイニコチン末法思想ハロン九月五日関の藤川垂井どた不破の関三奇祭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone