コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天下分目の戦 テンカワケメノタタカイ

1件 の用語解説(天下分目の戦の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

天下分目の戦

一六〇〇年九月一五日、美濃国不破郡の関ケ原盆地において、徳川家康(一五四二~一六一六)指揮する東軍一〇万が、石田三成(一五六〇~一六〇〇)率いる西軍八万を打ち破り、徳川の覇権を確立した戦(関ケ原の戦)。互いに自らを秀吉の意を汲む正統派、敵軍を反逆者として位置付けた戦であった。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone