コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文広域精測望遠鏡 てんもんこういきせいそくぼうえんきょう VLBI Exploration of Radio Astrometry

1件 の用語解説(天文広域精測望遠鏡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

天文広域精測望遠鏡

国立天文台が建設した電波望遠鏡。日本国内に広く4つの口径20mの2ビーム同時受信アンテナを設置してつなぎVLBI技術により日本列島と同規模の仮想電波望遠鏡を構成する。4局を岩手県奥州(旧水沢)市、鹿児島県薩摩川内市東京都小笠原村父島沖縄県石垣市に置き、地球軌道直径を基線とする三角測量銀河系内に分布する天体メーザー源の位置を従来の100倍の精度(10万分の1秒角)で決め、銀河系全体の立体構造、運動を解明するのが狙い。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天文広域精測望遠鏡の関連キーワード電波天文学電波望遠鏡望遠鏡VLTジェミニ望遠鏡パロマー山天文台VLA海部宣男法月惣次郎森本雅樹

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone