コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然ウラン テンネンウラン

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐ウラン【天然ウラン】

ウラン鉱として、天然に産するウラン。ウラン238が主で、核分裂を起こす235を0.7パーセント強含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんねんウラン【天然ウラン】

天然鉱石中に含まれるウラン。 → 濃縮ウラン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の天然ウランの言及

【ウラン】より

…おもな鉱物は,ピッチブレンド,カルノー石などである。世界の天然ウランに含まれる235Uの総発熱量を石炭換算すると約400億t(19.6×106kcal/g235Uとして)の石炭に相当する。石炭,石油,天然ガスと比べても,その資源量は多いとはいえない。…

※「天然ウラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

天然ウランの関連キーワード日本の原爆開発と福島県石川町コールダーホール型原子炉重水冷却圧力容器型炉黒鉛減速ガス冷却炉プルトニウム生産炉ウラン濃縮工場ガス遠心分離法日本の原爆開発キャンドゥー炉レーザー濃縮法マグノックス炉微濃縮ウランシカゴパイルCANDU炉マグノックスウラン濃縮核燃料物質ウラン資源新型転換炉ガス冷却炉

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然ウランの関連情報