天然ウラン(読み)てんねんウラン

精選版 日本国語大辞典「天然ウラン」の解説

てんねん‐ウラン【天然ウラン】

〘名〙 (ウランはUran) 天然に産するウラン。ウラン二三八が主で、ウラン二三四、二三五を含有する。核分裂を起こすウラン二三五が〇・七パーセント含まれ、その含有量のまま核燃料とすることもできる。〔原子力発電(1956)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天然ウラン」の解説

てんねん‐ウラン【天然ウラン】

ウラン鉱として、天然に産するウラン。ウラン238が主で、核分裂を起こす235を0.7パーセント強含む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の天然ウランの言及

【ウラン】より

…おもな鉱物は,ピッチブレンド,カルノー石などである。世界の天然ウランに含まれる235Uの総発熱量を石炭換算すると約400億t(19.6×106kcal/g235Uとして)の石炭に相当する。石炭,石油,天然ガスと比べても,その資源量は多いとはいえない。…

※「天然ウラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android