コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然ウラン テンネンウラン

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐ウラン【天然ウラン】

ウラン鉱として、天然に産するウラン。ウラン238が主で、核分裂を起こす235を0.7パーセント強含む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんねんウラン【天然ウラン】

天然鉱石中に含まれるウラン。 → 濃縮ウラン

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天然ウランの言及

【ウラン】より

…おもな鉱物は,ピッチブレンド,カルノー石などである。世界の天然ウランに含まれる235Uの総発熱量を石炭換算すると約400億t(19.6×106kcal/g235Uとして)の石炭に相当する。石炭,石油,天然ガスと比べても,その資源量は多いとはいえない。…

※「天然ウラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天然ウランの関連キーワード日本の原爆開発と福島県石川町コールダーホール型原子炉重水冷却圧力容器型炉プルトニウム生産炉黒鉛減速ガス冷却炉キャンドゥー炉ウラン濃縮工場日本の原爆開発ガス遠心分離法マグノックス炉レーザー濃縮法CANDU炉シカゴパイル微濃縮ウランマグノックス新型転換炉原子力発電核燃料物質ガス冷却炉高速増殖炉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然ウランの関連情報