天然保湿因子(読み)てんねんほしついんし(英語表記)natural moisturizing factor; NMF

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天然保湿因子」の解説

天然保湿因子
てんねんほしついんし
natural moisturizing factor; NMF

皮膚表面の角質層の中にある物質で,水分を保つ重要な働きがある。一つの決まったある物質を指すのではなく,約 20種類ほどの物質の総称。赤ちゃんの肌がみずみずしいのは NMFが多いからだが,年齢とともに失われていくため同じ働きを持つ化粧品などで補うとよい。最近注目されているヒアルロン酸コラーゲン (NMF成分ではない) などの保湿剤は,グリセリンに比べ4~5倍の水分保持力がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android