角質層(読み)かくしつそう

精選版 日本国語大辞典「角質層」の解説

かくしつ‐そう【角質層】

〘名〙 脊椎動物表皮外層で、角質化した表面ははげ落ちてふけやあかとなるが、内層胚芽層から新しいものが形成される。真皮を保護するほか水分のむだな蒸散を防ぐ。手のひらでは特に発達して厚くなる。角層

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android