保湿剤(読み)ほしつざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保湿剤
ほしつざい

皮膚の角質層水分を保持し,肌の柔軟性や弾力性を維持する効果のある成分。グリセリンプロピレングリコールなどは従来から化粧品に使われてきた保湿剤だが,人間の角質層に存在している天然保湿因子 (ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター) や真皮層にある保湿成分が使用されることが多くなってきている。特に,真皮の成分であるコラーゲンエラスチンなどの蛋白質ムコ多糖類ヒアルロン酸は水分を保持し,皮膚の弾力性を維持して肌のたるみやしわを予防する効果のあるものとして注目され,美容液やクリームなどに盛んに使われるようになってきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保湿剤の関連情報