コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保湿剤 ほしつざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保湿剤
ほしつざい

皮膚の角質層水分を保持し,肌の柔軟性や弾力性を維持する効果のある成分。グリセリンプロピレングリコールなどは従来から化粧品に使われてきた保湿剤だが,人間の角質層に存在している天然保湿因子 (ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター) や真皮層にある保湿成分が使用されることが多くなってきている。特に,真皮の成分であるコラーゲンエラスチンなどの蛋白質ムコ多糖類ヒアルロン酸は水分を保持し,皮膚の弾力性を維持して肌のたるみやしわを予防する効果のあるものとして注目され,美容液やクリームなどに盛んに使われるようになってきている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

保湿剤の関連キーワードステロイド外用剤の使い方と副作用手・指皮膚炎(手湿疹/主婦湿疹)老化にともなう皮膚の病気と症状はたけ(顔面単純性粃糠疹)子どものアトピー性皮膚炎メイキャップ・ベースプロアクティブ療法モイスチャー化粧品ヒューメクタントハーバルグリーンハーバルオレンジ老人性乾皮症食品添加物ヴァセリン油脂工業サクランキチン質くすみ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保湿剤の関連情報