コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗谷古窯址 てんぐだにこようし

1件 の用語解説(天狗谷古窯址の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天狗谷古窯址
てんぐだにこようし

佐賀県西松浦郡有田町白川天狗谷にあり,江戸時代に磁器を焼いた窯跡。同一地点に5基あるいはそれ以上の数の窯が重なり合って残存する。下方の3基 (E・A・D窯) とその上方の窯 (B・C窯など) とは築窯年代が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天狗谷古窯址の言及

【染付】より

…日本で染付が作られるようになるのは,朝鮮半島からの帰化陶工李参平によって有田泉山で磁石が発見され,1616年(元和2)有田上白川(かみしらかわ)天狗谷窯で焼成されたのがはじめとされてきた。しかし近年天狗谷古窯址の発掘調査によって,有田における磁器焼成は慶長年間(1596‐1615)から始められていたものと推定されている。また初期の作品も器形・文様とも李朝風なものとされてきたが,器形は古唐津風なものを残しながら,当時日本に多量に舶載されていた中国青花磁器の影響が著しいことも指摘されている。…

※「天狗谷古窯址」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天狗谷古窯址の関連キーワード佐賀県西松浦郡有田町赤絵町佐賀県西松浦郡有田町大樽佐賀県西松浦郡有田町幸平佐賀県西松浦郡有田町白川佐賀県西松浦郡有田町岳乙佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙佐賀県西松浦郡有田町中樽佐賀県西松浦郡有田町中の原佐賀県西松浦郡有田町丸尾丙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone