登り窯(読み)のぼりがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

登り窯
のぼりがま

陶磁器焼成のためのの一種。傾斜地に数室が連続して造られている。各室の天井はかまぼこ形で,部屋の前部の床にいくつかの穴があけられ,後部の壁には,下の窯から焚きだした火が登っていくように穴があいている。中国,朝鮮では古くから使われていたが,日本では戦国時代に朝鮮から取入れられて全国に広まり,現在もなお美術品民芸品の制作に用いられている。ヨーロッパでも近代になって,中国より導入して使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のぼり‐がま【登り窯】

陶磁器を焼く窯の一。丘などの傾斜面に階段状に数室から十数室の房を連続して築いたもの。第一室の燃焼の余熱を各室に利用する。中国・朝鮮で開発され、日本では朝鮮系の唐津焼が初めて築いた。
[補説]書名別項。→のぼり窯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のぼりがま【登り窯】

陶磁器焼成用の窯の一。丘などの傾斜面に設ける連房式の窯で、最下部に焚き口、最上部に煙出しがある。その間に焼成用の室が幾室も設けられ、上に行くほど余熱の効果で早く焼成できる。広義には窖窯あながまをもさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登り窯の関連情報