コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登り窯 のぼりがま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

登り窯
のぼりがま

陶磁器焼成のためのの一種。傾斜地に数室が連続して造られている。各室の天井はかまぼこ形で,部屋の前部の床にいくつかの穴があけられ,後部の壁には,下の窯から焚きだした火が登っていくように穴があいている。中国,朝鮮では古くから使われていたが,日本では戦国時代に朝鮮から取入れられて全国に広まり,現在もなお美術品民芸品の制作に用いられている。ヨーロッパでも近代になって,中国より導入して使われている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のぼり‐がま【登り窯】

陶磁器を焼く窯の一。丘などの傾斜面に階段状に数室から十数室の房を連続して築いたもの。第一室の燃焼の余熱を各室に利用する。中国・朝鮮で開発され、日本では朝鮮系の唐津焼が初めて築いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のぼりがま【登り窯】

陶磁器焼成用の窯の一。丘などの傾斜面に設ける連房式の窯で、最下部に焚き口、最上部に煙出しがある。その間に焼成用の室が幾室も設けられ、上に行くほど余熱の効果で早く焼成できる。広義には窖窯あながまをもさす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

登り窯の関連キーワード中里太郎右衛門(12代)佐賀県武雄市武内町真手野神崎煉瓦ホフマン式輪窯会津本郷焼資料展示室肥前波佐見陶磁器窯跡上野釜ノ口古窯址南滋賀町廃寺跡七種の窯の特徴元屋敷陶器窯跡壺屋焼・壷屋焼法勝寺焼皆生窯柿右衛門窯跡九谷磁器窯跡本郷埴輪窯跡大吉山瓦窯跡吉志部瓦窯跡飯胴甕古窯址神谷 源之助須恵器・陶器中尾庄右衛門

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

登り窯の関連情報