コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天迦久神 あめのかくのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天迦久神 あめのかくのかみ

古事記」にみえる神。
大国主神(おおくにぬしのかみ)のもとに派遣される使者として,天尾羽張神(あめのおはばりのかみ)がつかわされることを同神につたえにいった神。天尾羽張神は,自分の代わりに子の建御雷神(たけみかずちのかみ)をさしだした。迦久は鹿児(かこ)の意で鹿の神といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

天迦久神の関連キーワード日本神話の神々大国主神