天迦久神(読み)あめのかくのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天迦久神 あめのかくのかみ

古事記」にみえる神。
大国主神(おおくにぬしのかみ)のもとに派遣される使者として,天尾羽張神(あめのおはばりのかみ)がつかわされることを同神につたえにいった神。天尾羽張神は,自分の代わりに子の建御雷神(たけみかずちのかみ)をさしだした。迦久は鹿児(かこ)の意で鹿の神といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android