コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野屋太郎左衛門 あまのや たろうざえもん

2件 の用語解説(天野屋太郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野屋太郎左衛門 あまのや-たろうざえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の貿易商人。
加藤清正につかえ,熊本,長崎で御用商品の購入に従事。寛永5年浜田弥兵衛事件で活躍,のち長崎地下中惣代として長崎貿易の振興につくした。天正(てんしょう)5年(1577)生まれ,承応(じょうおう)元年(1652)没といわれる。摂津出身。本姓は柏原。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天野屋太郎左衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の貿易商人。姓は柏原。摂津国生まれ。小堀遠州(政一)の臣柏原兵部左衛門の息子。豊臣秀吉の朝鮮侵略に参加したのち浪人となったが,加藤清正の臣で親類の柏原(のち加藤)平左衛門を頼り,熊本へ町人として居住。その後,肥後(熊本県)下益城郡小川町と長崎にも家屋敷を構え,清正に仕えた。加藤氏改易後は,一時小川町へ退居したが,再び長崎へ移住。慶安1(1648)年には,長崎地下を代表し市中助成を幕府に請願した。これ以後,また小川町へ帰参し同地で死去。なお,寛永5(1628)年の浜田弥兵衛事件で,オランダ長官P.ヌイツを捕縛したのが自分であることを後年に至り主張した。

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天野屋太郎左衛門の関連キーワード貞徳池田宗旦貿易商糸屋随右衛門柏原太郎左衛門柏原孫左衛門砂糖屋総左衛門末次平蔵(初代)宗金大黒屋助左衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone