コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野屋太郎左衛門 あまのや たろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野屋太郎左衛門 あまのや-たろうざえもん

?-? 織豊-江戸時代前期の貿易商人。
加藤清正につかえ,熊本,長崎で御用商品の購入に従事。寛永5年浜田弥兵衛事件で活躍,のち長崎地下中惣代として長崎貿易の振興につくした。天正(てんしょう)5年(1577)生まれ,承応(じょうおう)元年(1652)没といわれる。摂津出身。本姓は柏原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天野屋太郎左衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の貿易商人。姓は柏原。摂津国生まれ。小堀遠州(政一)の臣柏原兵部左衛門の息子。豊臣秀吉の朝鮮侵略に参加したのち浪人となったが,加藤清正の臣で親類の柏原(のち加藤)平左衛門を頼り,熊本へ町人として居住。その後,肥後(熊本県)下益城郡小川町と長崎にも家屋敷を構え,清正に仕えた。加藤氏改易後は,一時小川町へ退居したが,再び長崎へ移住。慶安1(1648)年には,長崎地下を代表し市中助成を幕府に請願した。これ以後,また小川町へ帰参し同地で死去。なお,寛永5(1628)年の浜田弥兵衛事件で,オランダ長官P.ヌイツを捕縛したのが自分であることを後年に至り主張した。

(岩崎義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android