コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏原 かいばら

7件 の用語解説(柏原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柏原
かいばら

兵庫県中東部,丹波市南部の旧町域。丹波山地西部に位置する。 1889年町制。 1955年新井村と合体。 2004年氷上町,青垣町,春日町,山南町,市島町と合体して丹波市となった。中心集落の柏原は江戸時代,織田氏2万石の陣屋町で,国の史跡の柏原藩陣屋跡長屋門に当時の面影が残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

柏原
かしわばら

長野県北部,新潟県に接する信濃町の中心集落。旧村名。 1955年富士里村と合体して,56年信濃町となる。近世は北国街道の宿場町で,民家建築に宿場の面影が残る。近世以来,鎌の生産が盛んで伝統工業として残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かしわばら〔かしはばら〕【柏原】

長野県北部、上水内(かみみのち)郡信濃町の地名。もと北国街道の宿場町。俳人小林一茶の生地。
滋賀県米原市の地名。もと中山道の宿場町。

かしわら〔かしはら〕【柏原】

大阪府中東部の市。大和川水運の要地として発達。機械・染色工業が盛んで、生駒(いこま)山斜面ではブドウを栽培。人口7.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

柏原【かしわばら】

信濃[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かしわばら【柏原】

長野県上水内かみみのち郡信濃町の地名。俳人小林一茶の生地で知られ、旧宅が残る。黒姫山への登山口。
滋賀県米原まいばら市の地名。中山道の旧宿場町。伊吹山南麓に位置し、伊吹もぐさを産出。

かしわら【柏原】

大阪府中東部、大和川流域の市。古くから奈良と大阪を結ぶ交通の要地。近年、機械工業などが進出。生駒山麓ではブドウを栽培。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柏原の言及

【東串良[町]】より

…中世以来この地を支配した肝付氏が,天正年間(1573‐92)に移封されてからは島津氏の所領となる。江戸時代には,肝属川河口の柏原(かせばる)は,米の積出しや琉球などとの貿易の港として栄えたが,今は漁港で,国家石油備蓄基地が地先にある。明治末期には大規模な耕地整理が行われ,それまでの低湿地は二毛作さえ可能な良田となった。…

※「柏原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柏原の関連キーワードスキー長尾長谷長田丈・長短句長・永長尾町長根

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柏原の関連情報