コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏原(読み)かいばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柏原
かいばら

兵庫県中東部,丹波市南部の旧町域。丹波山地西部に位置する。 1889年町制。 1955年新井村と合体。 2004年氷上町,青垣町,春日町,山南町,市島町と合体して丹波市となった。中心集落の柏原は江戸時代,織田氏2万石の陣屋町で,国の史跡柏原藩陣屋跡,長屋門に当時の面影が残る。明治以後は郡の行政,経済の中心地。米作シイタケ栽培が行なわれるほか工業団地が造成され,プラスチック,塗料,紙加工などの工業が立地する。鐘ケ坂,川代公園はともに桜,紅葉の名所。

柏原
かしわばら

長野県北部,新潟県に接する信濃町の中心集落。旧村名。 1955年富士里村と合体して,56年信濃町となる。近世北国街道宿場町で,民家建築に宿場の面影が残る。近世以来,鎌の生産が盛んで伝統工業として残る。俳人小林一茶晩年の住居 (史跡) ,一茶記念館や俳諧寺などがある。黒姫高原やスキー場,温泉,野尻湖畔の別荘地への入口でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かしわばら〔かしはばら〕【柏原】

長野県北部、上水内(かみみのち)郡信濃町の地名。もと北国街道の宿場町。俳人小林一茶の生地。
滋賀県米原市の地名。もと中山道の宿場町。

かしわら〔かしはら〕【柏原】

大阪府中東部の市。大和川水運の要地として発達。機械・染色工業が盛んで、生駒(いこま)山斜面ではブドウを栽培。人口7.5万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしわばら【柏原】

長野県上水内かみみのち郡信濃町の地名。俳人小林一茶の生地で知られ、旧宅が残る。黒姫山への登山口。
滋賀県米原まいばら市の地名。中山道の旧宿場町。伊吹山南麓に位置し、伊吹もぐさを産出。

かしわら【柏原】

大阪府中東部、大和川流域の市。古くから奈良と大阪を結ぶ交通の要地。近年、機械工業などが進出。生駒山麓ではブドウを栽培。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柏原の言及

【東串良[町]】より

…中世以来この地を支配した肝付氏が,天正年間(1573‐92)に移封されてからは島津氏の所領となる。江戸時代には,肝属川河口の柏原(かせばる)は,米の積出しや琉球などとの貿易の港として栄えたが,今は漁港で,国家石油備蓄基地が地先にある。明治末期には大規模な耕地整理が行われ,それまでの低湿地は二毛作さえ可能な良田となった。…

※「柏原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柏原の関連情報