天雲の(読み)アマクモノ

デジタル大辞泉の解説

あまくも‐の【天雲の】

[枕]雲が浮かび漂うところから、「たゆたふ」「ゆくらゆくら」「別る」などにかかる。
「―たゆたひやすき心あらば」〈・三〇三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまくもの【天雲の】

( 枕詞 )
雲の形状から、「たゆたふ」「ゆくらゆくら」「たどきも知らず」などにかかる。 「 -たゆたふ心我が思はなくに/万葉集 2816

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あまぐも‐の【天雲の】

(古くは「あまくもの」)
① 雲が、ゆくえ定めず空を漂うところから、「たどきも知らず」「たゆたふ」「ゆくらゆくら」「浮く」などにかかる。
万葉(8C後)一三・三二七二「天雲之 ゆくらゆくらに」
※万葉(8C後)一七・三八九八「大船の上にし居れば安麻久毛乃(アマクモノ)たどきも知らず歌乞我が背」
② 雲が、空のはるか遠いところにあるというところから、「奥処(おくか)も知らず」「はるか」「上(うわ)」などにかかる。
※万葉(8C後)一二・三〇三〇「思ひ出てすべなき時は天雲之奥処(おくか)も知らず恋ひつつそ居る」
※土左(935頃)承平五年二月一六日「あまくものはるかなりつるかつらがはそでをひでてもわたりぬるかな」
③ 雲が、ちぎれて離れ離れになるところから、「別れ」「外(よそ)」などにかかる。
※万葉(8C後)九・一八〇四「天雲乃 別れし行けば 闇夜なす 思ひ迷(まと)はひ」
※伊勢物語(10C前)一九「あまぐものよそにのみしてふることはわが居る山の風はやみ也」
④ 雲が、空を飛んで去ってしまうところから、「行く」「晴る」にかかり、また飛び去っても再び戻って来るように見えるところから、「行き還(かへ)り」などにかかる。
※万葉(8C後)一九・四二四二「天雲乃行き還(がへ)りなむ物故に思ひそ吾がする別れ悲しみ」
※古今(905‐914)雑体・一〇〇一「我身はつねに あまぐもの はるるときなく〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報