天霧(読み)あまぎる

精選版 日本国語大辞典の解説

あま‐ぎ・る【天霧】

〘自ラ四〙 雲、霧などがかかって、空が霞み渡る。空一面にどんよりと曇る。
※古今(905‐914)冬・三三四「梅花それとも見えず久方のあまぎる雪のなべてふれれば〈よみ人しらず(左注・人麻呂)〉」
※拾遺愚草(1216‐33頃)下「吹き乱る雪の雲間をゆく月のあまぎる風に光そへつつ」

あま‐ぎら・す【天霧】

〘他サ四〙 空を一面に曇らせる。
※万葉(8C後)一〇・二三四〇「一目見し人に恋ふらく天霧之(あまぎらシ)降り来る雪の消ぬべく思ほゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android