久方(読み)ひさかた

精選版 日本国語大辞典 「久方」の意味・読み・例文・類語

ひさ‐かた【久方】

〘名〙
① (枕詞「ひさかたの④」からの転用) 月をいう。地名「桂(かつら)」を暗示することが多い。
古今(905‐914)雑下・九六八「久方の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる〈伊勢〉」
② 久しいこと。時間が長くたったこと。ひさしぶりであること。ひさかたぶり。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「久方」の意味・読み・例文・類語

ひさ‐かた【久方/久堅】

《枕詞「久方の」がかかるところから》天・空・月などのこと。
「―の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる」〈古今・雑下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android