久方(読み)ひさかた

精選版 日本国語大辞典「久方」の解説

ひさ‐かた【久方】

〘名〙
① (枕詞「ひさかたの④」からの転用) 月をいう。地名(かつら)」を暗示することが多い。
古今(905‐914)雑下・九六八「久方の中に生ひたるなれば光をのみぞ頼むべらなる〈伊勢〉」
② 久しいこと。時間が長くたったこと。ひさしぶりであること。ひさかたぶり。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「久方」の解説

ひさ‐かた【久方/久堅】

《枕詞「久方の」がかかるところから》天・空・月などのこと。
「―の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる」〈古今・雑下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android