久方(読み)ヒサカタ

  • 久方/久堅

デジタル大辞泉の解説

《枕詞「久方の」がかかるところから》天・空・月などのこと。
「―の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる」〈古今・雑下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (枕詞「ひさかたの④」からの転用) 月をいう。地名「桂(かつら)」を暗示することが多い。
※古今(905‐914)雑下・九六八「久方の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる〈伊勢〉」
② 久しいこと。時間が長くたったこと。ひさしぶりであること。ひさかたぶり。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久方の関連情報