太一郎(読み)たいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太一郎 たいちろう

?-? 江戸時代後期の陶工。
寛政11年(1799)摂津三田(さんだ)(兵庫県)の豪商神田宗兵衛の援助で陶工内田忠兵衛が三田焼をおこしたとき,肥前有田(佐賀県)から定二郎とともにまねかれ,青磁の製作に協力した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太一郎の関連情報