コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田焼 サンダヤキ

デジタル大辞泉の解説

さんだ‐やき【三田焼】

兵庫県三田市付近から産した陶器。寛政年間(1789~1801)内田忠兵衛が創始。京都から名工を招き、優れた作品が焼かれた。青磁で名高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんだやき【三田焼】

三田市で産した陶磁器。寛政年間(1789~1801)、神田惣兵衛が京都から陶工を迎えて開窯。大正末期廃窯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三田焼の関連キーワード田中利右衛門神田宗兵衛欽古堂亀祐志手原焼太一郎定二郎陶磁器陶工

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android