コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太元帥明王 たいげんすいみょうおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太元帥明王 たいげんすいみょうおう

密教の明王。
元来は仏教外の鬼神であったが,仏教では生あるものを害するすべての悪鬼,悪獣,悪人を打ちほろぼす。忿怒(ふんぬ)相で,四面八臂(はっぴ),六面八臂などさまざまな姿であらわされる。日本には平安時代前期につたわり,鎮護国家,外敵降伏(ごうぶく)のため信仰された。奈良秋篠(あきしの)寺の木像が有名。「たいげんみょうおう」ともよみ,大元帥明王ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太元帥明王の関連キーワード常暁密教

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android