大元帥明王(読み)タイゲンミョウオウ

デジタル大辞泉の解説

たいげん‐みょうおう〔‐ミヤウワウ〕【大元帥明王】

四天王・八部衆などの諸鬼神を従え、国家を鎮護する夜叉(やしゃ)神。密教尊信され、像は四面八臂(はっぴ)・六面八臂などあり、怒りの相を表す。阿吒嚩迦(あたばか)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいげんすいみょうおう【大元帥明王】

サンスクリット名Āṭavaka。大元帥阿吒薄俱(あたばく),阿吒婆拘鬼神大将などと漢訳されており,曠野の鬼神の意味である。大元明王ともいう。一切の悪鬼,悪毒獣,悪人による災難を衆生のために排除する夜叉大将であり,もとは外道神であったが後に密教にとり入れられて明王とされた。大元帥明王像は839年(承和6)に唐から帰国した常暁(?‐865)によって初めて日本にもたらされた。大元帥法(だいげんのほう)は本像を本尊として護国,怨敵調伏のために行う修法であり,9世紀中ごろからは,真言院後七日御修法に準ずる国の大法となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいげんみょうおう【大元帥明王】

四天王・二十八部衆を従え、悪獣や兵火の災難を除き、国を守り人々を保護する明王。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報