木像(読み)モクゾウ

精選版 日本国語大辞典の解説

もく‐ぞう ‥ザウ【木像】

〘名〙
でつくった像。
※今昔(1120頃か)三一「極楽寺と云ふ寺に、木像の両界の像御(おはし)ます」 〔葛長庚‐太平興国宮記〕
② 無能者やものを言わない人をあざけっていう語。でくのぼう。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉九二「ゑゑ弱虫め、まだ迷って居るか白痴め〈略〉此木像(モクザウ)め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木像の関連情報