太田渉子(読み)おおた しょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田渉子 おおた-しょうこ

1989- 平成時代の障害者女子ノルディックスキー選手。
平成元年7月27日生まれ。小学3年でスキーをはじめ,平成15年日本障害者スキー連盟の強化指定選手。16年ワールドカップカナダ大会より競技を開始。種目クロスカントリー,バイアスロン。18年トリノ冬季パラリンピック(障害は左手全指欠損で,クラスはLW8:立位)ではバイアスロンロングで史上最年少(16歳)で銅メダルを獲得。19年ワールドカップバイアスロン総合優勝,20年ワールドカップのクロスカントリー総合2位,21年ワールドカップのバイアスロン総合2位。22年バンクーバー冬季パラリンピックのクラシカルスプリントで銀メダルを獲得。23-24年シーズンのワールドカップでクロスカントリー年間総合2位。24-25年シーズンのワールドカップでバイアスロン年間総合3位。26年3度目のソチ冬季パラリンピックでは選手団の旗手をつとめ,バイアスロン6kmで6位,クロスカントリーはスプリント1kmで8位,5kmフリーで10位,混合リレーで7位。日立ソリューションズ所属。山形県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太田渉子の関連情報