コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木島始 きじま はじめ

2件 の用語解説(木島始の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木島始 きじま-はじめ

1928-2004 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和3年2月4日生まれ。東大在学中から詩誌「列島」に参加。昭和28年「木島始詩集」を刊行。つよい政治意識をひそめたフォーク調の詩で注目される。「詩・黒人・ジャズ」などでアメリカ黒人芸術を翻訳・紹介した。47年「もぐらのうた」で日本童謡賞,57年合唱曲の作詞「鳥のうた」で芸術祭大賞。ほかに詩集「阿呆な友」「朝の羽ばたき」など。法大教授をつとめた。平成16年8月14日死去。76歳。京都出身。本名は小島昭三。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木島始
きじまはじめ
(1928―2004)

詩人、小説家、アメリカ文学者。京都生まれ。本名小島昭三(しょうぞう)。1951年、東京大学英文科卒業。東京都立大学附属高校教諭を経て、法政大学教授(1991年退職)。詩誌『列島』に拠(よ)った若い世代の同人。長谷川龍生(はせがわりゅうせい)らと『現代詩』にも加わり、第二次世界大戦後の現実社会を凝視し、方法意識は鋭く、反権力の立場を保った。詩集に『木島始詩集』(1953)、『パゴダの朝』(1977)、『回風歌・脱出』(1981)、『双飛のうた』(1984)、『遊星ひとつ』(1990)、『朝の羽ばたき』(1995)、『流紋(りゅうもん)の汀(みぎわ)で』(1999)など。1990年代以降は、とくに四行詩に積極的で、『われたまご 一二三篇(ぺん)の四行詩集』(1994)、『根の展望 詩集:連作体四行詩十三集』『越境 長い四行詩話:四〇篇に聯弾(れんだん)する』(ともに1999)などを著した。詩画集もユニーク。短編集に『跳ぶもの匍(は)うもの』(1969)、『日本共和国初代大統領への手紙』(1975)など、エッセイ・評論集に『詩 黒人 ジャズ』正続(1965、72)、『日本語のなかの日本』(1980)、『群鳥の木』(1989)、『ぼくの尺度』(2002)、小説に『ともかく道づれ』(1988)など。童話に『考えろ丹太!』(1960)、『ぼくらのペガサス』(1966)、『三人とんま』(1971)などがある。またL・ヒューズやL・ジョーンズ(アミリ・バラカ)、ナット・ヘントフNat Hentoff(1925― )などのアメリカ黒人文学やジャズ関係の翻訳、紹介には定評があった。とくにヒューズについては、彼の自伝から評論集、詩集まで幅広く紹介した。[高橋世織]
『『考えろ丹太!』(1960・理論社) ▽『詩・黒人・ジャズ』正続(1965、72・晶文社) ▽『ぼくらのペガサス』(1966・理論社) ▽『三人とんま』(1971・太平出版社) ▽『詩集 私の探照灯』(1971・思潮社) ▽『現代詩文庫53 木島始詩集』(1972・思潮社) ▽『パゴダの朝 木島始詩集』(1977・青土社) ▽『日本語のなかの日本』(1980・晶文社) ▽『回風歌・脱出 木島始詩集』(1981・土曜美術社) ▽『詩集 双飛のうた』(1984・青土社) ▽『ともかく道づれ』(1988・青土社) ▽『群鳥の木 木島始エッセイ集』(1989・創樹社) ▽『詩集 遊星ひとつ』(1990・筑摩書房) ▽『われたまご 一二三篇の四行詩集』(1994・筑摩書房) ▽『朝の羽ばたき 木島始詩集』(1995・かど書房) ▽『やたらうた 木島始詩集』(1995・かど書房) ▽『根の展望 詩集:連作体四行詩十三集』『詩集 流紋の汀で』『越境 長い四行詩話:四〇篇に聯弾する』(1999・土曜美術社出版販売) ▽『新木島始詩集』(2000・土曜美術社出版販売) ▽『ぼくの尺度 木島始エッセイ集』(2002・透土社、丸善発売) ▽ラングストン・ヒューズ著、木島始訳『ジャズの本』(1968・晶文社) ▽ラングストン・ヒューズ著、木島始訳『ラングストン・ヒューズ詩集』新装版(1969・思潮社) ▽ラングストン・ヒューズ著、木島始訳『ラングストン・ヒューズ自伝』1~3(1972~73・河出書房新社) ▽ラングストン・ヒューズ著、木島始編訳『ラングストン・ヒューズ評論集 黒人芸術家の立場』(1977・創樹社) ▽リロイ・ジョーンズ著、木島始訳『ブラック・ミュージック』(1969・晶文社) ▽ナット・ヘントフ著、木島始訳『ナット・ヘントフ自伝』(1989・晶文社) ▽ナット・ヘントフ著、木島始訳『ジャズ・カントリー』(講談社文庫) ▽谷川俊太郎著『谷川俊太郎対談集2』(1989・冬芽社) ▽橋本福夫著『橋本福夫著作集2 黒人文学論』(1989・早川書房) ▽水内喜久雄著『詩にさそわれて2』(1995・あゆみ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木島始の言及

【列島】より

…全12冊。《造形文学》と《芸術前衛》という二つの雑誌の有志が集まり,関根弘,木島始,野間宏らを編集委員として発足した。対日講和条約,日米安全保障条約の締結という状況に対応して,社会主義思想と前衛的な詩法との融合をはかると同時に,全国の職場,地域,学校などのサークル詩運動との連帯を推し進めたところに特色がある。…

※「木島始」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木島始の関連キーワード吉田文雀森毅伊勢典夫大久保典夫加藤進古賀憲司鈴木鷹夫立間祥介角田達郎山下和夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木島始の関連情報