コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太鼓持(ち)/幇間 タイコモチ

デジタル大辞泉の解説

たいこ‐もち【太鼓持(ち)/幇間】

宴席に出て客の遊びに興を添えることを職業とする男性。幇間(ほうかん)。
人にへつらって気に入られようとする者。太鼓たたき。「あいつは社長の―だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

太鼓持【たいこもち】

幇間

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の太鼓持(ち)/幇間の言及

【幇間】より

…宴席で客の座興をとりもつことを業とする男。俗に太鼓持(たいこもち)(略して太鼓)というが,ほかにも弁慶,末社(まつしや),男芸者などの別称が多い。古く《あづま物語》(1614)に〈太鼓持〉の語があるが,詳細はわからない。…

※「太鼓持(ち)/幇間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太鼓持(ち)/幇間の関連キーワード中村 四郎五郎(7代目)六代目 片岡愛之助男芸者・男藝者後付け・跡付け女芸者・女藝者大堀こういち百二十末社長谷川るみ錨を下ろすターナー島元の木阿弥桜まゆみ褒めろよ八十末社森本のぶ小切り目あやかし至り末社髭の無休たいこ腹

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android