コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奄美山鷸 あまみやましぎ

大辞林 第三版の解説

あまみやましぎ【奄美山鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長約36センチメートル。黒・灰・褐色の細かい斑紋がある。奄美大島・徳之島・沖縄本島・渡嘉敷島に留鳥として生息し、主に夜行性。絶滅危惧種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

奄美山鷸 (アマミヤマシギ)

学名:Scolopax mira
動物。シギ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

奄美山鷸の関連キーワード絶滅危惧種渡嘉敷島奄美大島沖縄本島夜行性徳之島全長褐色留鳥

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android