コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鷸 ヤマシギ

デジタル大辞泉の解説

やま‐しぎ【山×鷸】

シギ科の鳥。全長約35センチ。体はずんぐりし、褐色の複雑な斑紋があり、頭部に黒褐色の横帯がある。くちばしはまっすぐで長い。山地の雑木林や竹やぶにすみ、ミミズなどを食べる。ぼとしぎ。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やましぎ【山鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長35センチメートルほどのシギ。黒・灰・褐色などの細かい模様がある。くちばしが長い。山林にすみ、長いくちばしを土にさし込んでミミズなどを食べる。ユーラシア中北部に分布。日本では本州中部以北と伊豆諸島にすむ。ヤブシギ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山鷸 (ヤマシギ)

学名:Scolopax rusticola
動物。シギ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山鷸の関連キーワード伊豆諸島山林