奈呉/奈古/那古/名児(読み)ナゴ

デジタル大辞泉の解説

なご【奈呉/奈古/那古/名児】

大阪市住吉区の住吉大社の西にあった海岸付近の古名。[歌枕
「住吉(すみのえ)の―の浜辺に馬立てて玉拾(ひり)ひしく常忘らえず」〈・一一五三〉
富山県新湊(しんみなと)市の放生津江(ほうじょうづえ)付近の古名。奈呉の浦。[歌枕]
「―の海の沖つ白浪しくしくに思ほえむかも立ち別れなば」〈・三九八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奈呉/奈古/那古/名児の言及

【新湊[市]】より

…人口3万8491(1995)。古くは奈呉,放生津(ほうしようづ)と呼ばれ,鎌倉時代の守護所,加賀藩時代の蔵宿がおかれるなど,この地方の中心であった。江戸時代には北前船をはじめ回漕業が盛んであった。…

※「奈呉/奈古/那古/名児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android