コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈呉/奈古/那古/名児 ナゴ

デジタル大辞泉の解説

なご【奈呉/奈古/那古/名児】

大阪市住吉区の住吉大社の西にあった海岸付近の古名。[歌枕
「住吉(すみのえ)の―の浜辺に馬立てて玉拾(ひり)ひしく常忘らえず」〈・一一五三〉
富山県新湊(しんみなと)市の放生津江(ほうじょうづえ)付近の古名。奈呉の浦。[歌枕]
「―の海の沖つ白浪しくしくに思ほえむかも立ち別れなば」〈・三九八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奈呉/奈古/那古/名児の言及

【新湊[市]】より

…人口3万8491(1995)。古くは奈呉,放生津(ほうしようづ)と呼ばれ,鎌倉時代の守護所,加賀藩時代の蔵宿がおかれるなど,この地方の中心であった。江戸時代には北前船をはじめ回漕業が盛んであった。…

※「奈呉/奈古/那古/名児」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

奈呉/奈古/那古/名児の関連キーワード奈呉の海・奈呉の浦・奈呉の江クロタニコーポレーションアイシン軽金属新湊[市]射水(市)江出乃月放生津潟大谷製鉄奈呉の浦奈呉ノ浦馬立て見える放生津新湊懇ろ暫し東風伏木