浜辺(読み)はまび

精選版 日本国語大辞典「浜辺」の解説

はま‐び【浜辺】

万葉(8C後)六・一〇〇一「ますらをはみ狩りに立たしをとめらは赤裳裾引く清き(はまビ)を」
[補注]「はまび」のは、上代、乙類音であり、「はまべ(浜辺)」のベは甲類音であるので、「はまび」と「はまべ」は別語。「はまび」の「び」を「み(廻)」の変化したものとするもある。

はま‐べ【浜辺】

〘名〙
① (古くは「はまへ」) 浜のほとり。また、浜。海辺。はまび。
※万葉(8C後)二〇・四三七九「白波の寄そる波麻倍(ハマヘ)に別れなばいとも術(すべ)無み八たび袖振る」
② 大坂で、河岸・川端をいう。
※浮世草子・武家義理物語(1688)二「浜辺、浜辺をさがし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android