浜辺(読み)はまび

精選版 日本国語大辞典「浜辺」の解説

はま‐び【浜辺】

万葉(8C後)六・一〇〇一「ますらをはみ狩りに立たしをとめらは赤裳裾引く清き(はまビ)を」
[補注]「はまび」のは、上代、乙類音であり、「はまべ(浜辺)」のベは甲類音であるので、「はまび」と「はまべ」は別語。「はまび」の「び」を「み(廻)」の変化したものとするもある。

はま‐べ【浜辺】

〘名〙
① (古くは「はまへ」) 浜のほとり。また、浜。海辺。はまび。
※万葉(8C後)二〇・四三七九「白波の寄そる波麻倍(ハマヘ)に別れなばいとも術(すべ)無み八たび袖振る」
② 大坂で、河岸・川端をいう。
※浮世草子・武家義理物語(1688)二「浜辺、浜辺をさがし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「浜辺」の解説

はま‐べ【浜辺】

浜の水際。また、浜。海辺。
[類語]海浜砂浜海岸沿海沿岸海沿い海辺うみべ海辺かいへん臨海湾岸州浜波打ち際・海水浴場・リアス式海岸シーサイドビーチ磯辺荒磯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android