コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈河七五三助(2代) ながわ しめすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河七五三助(2代) ながわ-しめすけ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者。
初代奈河七五三助の門弟。文化のはじめごろから大坂浜芝居などの立作者(たてさくしゃ)として活躍し,文化13年(1816)京都北側の芝居で2代七五三助を襲名。前名は奈河十八助(初代)。後名は奈河竹葉(初代)。作品に「撰集善光寺(おがませぜんこうじ)」「敵討御堂前(かたきうちみどうのまえ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android