コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈河篤助(初代) ながわ とくすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈河篤助(初代) ながわ-とくすけ

1764-1842 江戸時代後期の歌舞伎作者。
明和元年生まれ。もと和泉(いずみ)(大阪府)の一向宗の僧。還俗(げんぞく)して大坂で初代奈河七五三助(しめすけ)に入門。寛政7年立作者(たてさくしゃ)となる。文化12年2代奈河亀輔を一時襲名。江戸,京坂で活躍した。天保(てんぽう)13年2月3日死去。79歳。前名は奈河十九助。俳名一洗,一泉。号は一洗堂,金亀堂。作品に「傾城品評林(けいせいしなさだめ)」「東都(おえど)名物錦絵始(にしきえのはじまり)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

奈河篤助(初代)

没年:天保13.2.3(1842.3.14)
生年:明和1(1764)
江戸後期,上方の歌舞伎狂言作者。前名奈河十九助。別号金亀堂。一時期は2代目奈河亀輔とも。もと和泉国(大阪府)の一向宗の僧侶で還俗して初代奈河七五三助の門に入る。寛政7(1795)年京都四条南側芝居の立作者の地位を得て名を篤助と改めた。以降三都で活躍するが,後年は中芝居へ移った。3代目中村歌右衛門と提携し俳名を譲られて奈河一洗と名乗るが,不和となったのちは一泉と改めた。作風は筋の統一に無頓着で首尾一貫しないと評されたが,本読みの場で臨機応変に筋を変えてしまう才の持ち主でもあった。「狂言は役者にあり」と役者次第で作を成すべきことを述べたという。晩年は京都に茶店を営んだ。名跡は3代まである。

(上野典子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

奈河篤助(初代)の関連キーワード奈河七五三助(初代)金沢竜玉(2代)奈河亀輔(初代)奈河晴助(初代)奈河亀輔(2代)伊勢音頭恋寝刃小さん金五郎金沢芝助

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android