奈良井羊歯(読み)ナライシダ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

奈良井羊歯 (ナライシダ)

学名:Arachniodes miqueliana
植物。オシダ科の夏緑性多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ならい‐しだ ならゐ‥【奈良井羊歯】

〘名〙 シダ類ウラボシ科の落葉多年草。各地の山地林下に生える。葉は三~四回羽状複葉。葉面は長さ二五~四〇センチメートルの広卵状五角形で両面ともに単細胞の尖った短毛がある。羽片は長卵形。小羽片は卵形で縁にはさらに切れ込みがある。胞子嚢群は各裂片の裏面につく。明治一三年(一八八〇)に長野県塩尻市奈良井で初めて採集されたところからの名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android