奈良朝(読み)ならちょう

精選版 日本国語大辞典の解説

なら‐ちょう ‥テウ【奈良朝】

※国文学史講話(1908)〈藤岡作太郎〉太古「都を奈良に遷したまふに及びて、世は七代七十年の奈良朝の盛時に入り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報