コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡作太郎 ふじおかさくたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤岡作太郎
ふじおかさくたろう

[生]明治3(1870).7.19. 金沢
[没]1910.2.3. 東京
国文学者。号,東圃 (とうほ) ,李花亭など。第四高等学校を経て 1894年東京大学国文学科卒業。 1900年東京大学助教授,1905年『国文学全史 平安朝編』により文学博士。ほかに『日本風俗史』 (1895,平出鏗二郎共著) ,『近世絵画史』 (1903) ,『国文学史講話』 (1908) ,『松雲公小伝』 (1909) など。没後『鎌倉室町時代文学史』 (1915) ,『近代小説史』 (1917) などが刊行された。『藤岡作太郎著作集』 (1946~55) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふじおか‐さくたろう〔ふぢをかサクタラウ〕【藤岡作太郎】

[1870~1910]国文学者。石川の生まれ。東大助教授。号、東圃。文学史研究に力を注ぐ。著「国文学全史平安朝篇」「国文学史講話」「近世絵画史」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

藤岡作太郎【ふじおかさくたろう】

国文学者。金沢の人。東圃(とうほ)と号す。東大国文科卒。東大で国文学史を中心に,広く文化史諸領域について講じ,芳賀矢一とともに近代国文学研究の発達に大きな功績を残した。
→関連項目藤井乙男

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡作太郎 ふじおか-さくたろう

1870-1910 明治時代の国文学者。
明治3年7月19日生まれ。藤岡由夫(よしお)・通夫(みちお)の父。三高教授をへて,明治33年母校東京帝大の助教授。専攻の国文学史にくわえて美術史,神道史,国学史,風俗史などで業績をのこした。明治43年2月3日死去。41歳。加賀(石川県)出身。号は東圃(とうほ),李花亭,枇杷園(びわえん)。著作に「近世絵画史」「国文学全史 平安朝篇」。
【格言など】虚心平気,明治の社会を離れ,評者みずから平安朝の一人となりて,以てその時代を見る(「国文学全史 平安朝篇」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤岡作太郎

没年:明治43.2.3(1910)
生年:明治3.7.19(1870.8.15)
明治時代の国文学者。号は東圃,李花亭,枇杷園。金沢生まれ。父は通学,母はそと。帝国大学国文科卒。三高教授を経て,明治33(1900)年,東京帝大助教授。絵画にも造詣が深く,40年,文展の審査委員に任ぜられた。38年に著した『国文学全史/平安朝編』総論第1章にみえる「虚心平気,明治の社会を離れ,評者みずから平安朝の一人となりて,以てその時代を見る,蓋し正鵠を得るに近からん」という研究態度は,今日でも決して古びることのない正当性を有している。著書に『日本風俗史』(1895年平出鏗二郎と共著),『近世絵画史』(1903)。

(古田島洋介)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじおかさくたろう【藤岡作太郎】

1870‐1910(明治3‐43)
国文学者。東圃と号す。金沢市出身。東京帝大国文科卒業。第三高等学校教授を経て1900年東京帝大助教授に就任し芳賀矢一を助けたが,在職10年にして病没。その講義は文学史の研究を主軸として国学,美術,評論,風俗などひろく文化史の諸領域にわたっての追究を特色としたが,これら講義が基礎となって《近世絵画史》(1903),《国文学全史平安朝篇》(1905)などの,現在なお規範性を失わぬ名著がまとめられた。《東圃遺稿》(4冊,1911‐17),《藤岡作太郎著作集》(4冊,1946‐55)などに収められた著述のほか《異本山家集 付西行論》(1906),《松雲公小伝》(1909)などの労作がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじおかさくたろう【藤岡作太郎】

1870~1910) 国文学者。石川県生まれ。号、東圃。東京帝大文科大学助教授。考証的・科学的な研究法によって近代の国文学研究の基礎を築く。また、美術にも造詣が深かった。著「国文学全史平安朝篇」「近世絵画史」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤岡作太郎
ふじおかさくたろう
(1870―1910)

国文学者。金沢市生まれ。東京帝国大学文科大学国文学専攻を卒業。大阪府第一中学校(現北野高校)、大谷第一中学校(現大谷高校)の教員を勤めたのち、1897年(明治30)第三高等学校教授に任ぜられ、1900年東京帝国大学助教授に就任したが、任なかばに死去した。『国文学全史 平安朝篇(へん)』は代表的著作だが、国学、美術、評論、風俗など、広く文化史の各領域にわたる史的研究に多大の業績をあげた。[秋山 虔]
『秋山虔他校注『国文学全史 平安朝篇』全二巻(平凡社・東洋文庫) ▽『国語と国文学 藤岡博士と国文学』(1940.4・至文堂) ▽『近代文学研究叢書10』(1959・昭和女子大学)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

藤岡作太郎の関連キーワード加賀の三たろう脇本 楽之軒藤岡 作太郎7月19日脇本楽之軒仮名草子藤岡通夫藤岡由夫鈴木大拙石川県没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android