コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡作太郎 ふじおかさくたろう

8件 の用語解説(藤岡作太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤岡作太郎
ふじおかさくたろう

[生]明治3(1870).7.19. 金沢
[没]1910.2.3. 東京
国文学者。号,東圃 (とうほ) ,李花亭など。第四高等学校を経て 1894年東京大学国文学科卒業。 1900年東京大学助教授1905年『国文学全史 平安朝編』により文学博士。ほかに『日本風俗史』 (1895,平出鏗二郎と共著) ,『近世絵画史』 (1903) ,『国文学史講話』 (1908) ,『松雲公小伝』 (1909) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじおか‐さくたろう〔ふぢをかサクタラウ〕【藤岡作太郎】

[1870~1910]国文学者。石川の生まれ。東大助教授。号、東圃。文学史研究に力を注ぐ。著「国文学全史平安朝篇」「国文学史講話」「近世絵画史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

藤岡作太郎【ふじおかさくたろう】

国文学者。金沢の人。東圃(とうほ)と号す。東大国文科卒。東大で国文学史を中心に,広く文化史諸領域について講じ,芳賀矢一とともに近代国文学研究の発達に大きな功績を残した。
→関連項目藤井乙男

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡作太郎 ふじおか-さくたろう

1870-1910 明治時代の国文学者。
明治3年7月19日生まれ。藤岡由夫(よしお)・通夫(みちお)の父。三高教授をへて,明治33年母校東京帝大の助教授。専攻の国文学史にくわえて美術史,神道史,国学史,風俗史などで業績をのこした。明治43年2月3日死去。41歳。加賀(石川県)出身。号は東圃(とうほ),李花亭,枇杷園(びわえん)。著作に「近世絵画史」「国文学全史 平安朝篇」。
【格言など】虚心平気,明治の社会を離れ,評者みずから平安朝の一人となりて,以てその時代を見る(「国文学全史 平安朝篇」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤岡作太郎

没年:明治43.2.3(1910)
生年:明治3.7.19(1870.8.15)
明治時代の国文学者。号は東圃,李花亭,枇杷園。金沢生まれ。父は通学,母はそと。帝国大学国文科卒。三高教授を経て,明治33(1900)年,東京帝大助教授。絵画にも造詣が深く,40年,文展の審査委員に任ぜられた。38年に著した『国文学全史/平安朝編』総論第1章にみえる「虚心平気,明治の社会を離れ,評者みずから平安朝の一人となりて,以てその時代を見る,蓋し正鵠を得るに近からん」という研究態度は,今日でも決して古びることのない正当性を有している。著書に『日本風俗史』(1895年平出鏗二郎と共著),『近世絵画史』(1903)。

(古田島洋介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじおかさくたろう【藤岡作太郎】

1870‐1910(明治3‐43)
国文学者。東圃と号す。金沢市出身。東京帝大国文科卒業。第三高等学校教授を経て1900年東京帝大助教授に就任し芳賀矢一を助けたが,在職10年にして病没。その講義は文学史の研究を主軸として国学,美術,評論,風俗などひろく文化史の諸領域にわたっての追究を特色としたが,これら講義が基礎となって《近世絵画史》(1903),《国文学全史平安朝篇》(1905)などの,現在なお規範性を失わぬ名著がまとめられた。《東圃遺稿》(4冊,1911‐17),《藤岡作太郎著作集》(4冊,1946‐55)などに収められた著述のほか《異本山家集 付西行論》(1906),《松雲公小伝》(1909)などの労作がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじおかさくたろう【藤岡作太郎】

1870~1910) 国文学者。石川県生まれ。号、東圃。東京帝大文科大学助教授。考証的・科学的な研究法によって近代の国文学研究の基礎を築く。また、美術にも造詣が深かった。著「国文学全史平安朝篇」「近世絵画史」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤岡作太郎
ふじおかさくたろう
(1870―1910)

国文学者。金沢市生まれ。東京帝国大学文科大学国文学専攻を卒業。大阪府第一中学校(現北野高校)、大谷第一中学校(現大谷高校)の教員を勤めたのち、1897年(明治30)第三高等学校教授に任ぜられ、1900年東京帝国大学助教授に就任したが、任なかばに死去した。『国文学全史 平安朝篇(へん)』は代表的著作だが、国学、美術、評論、風俗など、広く文化史の各領域にわたる史的研究に多大の業績をあげた。[秋山 虔]
『秋山虔他校注『国文学全史 平安朝篇』全二巻(平凡社・東洋文庫) ▽『国語と国文学 藤岡博士と国文学』(1940.4・至文堂) ▽『近代文学研究叢書10』(1959・昭和女子大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡作太郎の関連キーワード小池藤五郎麻生磯次国文学国文石川県金沢市出雲町石川県金沢市出羽町石川県金沢市八日市出町岩城準太郎岡崎俊夫千田九一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤岡作太郎の関連情報